カメラ:Kodak Medalist II
レンズ:Ektar 100mm f3.5

クラシックカメラを改造することには賛否両論あると思います。
ですが620フィルムは絶版となっていて、120フィルムを620スプールに巻き替えて使うという手はあるものの、120フィルムをそのまま使えることは撮るうえでメリットになると考えました。

改造を始める前に色々とネットを探って、他の方がやられている方法も少し試したのですが、私の個体ではうまくいきませんでした。
結局、自己流ですが次のような改造を施しました。

  • フィルム室の出っ張りを削り、フィルム室の空間を広げました。
  • スプールホルダーを止めているリベットをドリルで取り去り、スプールホルダーを一旦外しました。
  • ホルダーのアームを広げるように曲げて、ローラーの両端にナットを削って厚さを調整したワッシャーを入れました。 こうすることでローラーが脱落することなく、120スプールがアームの内側に入るようになりました。
  • さらに、アームの内側を削って可動域を広げ、ホルダーをビスとナットで再度取り付けました。
  • フィルム室の入り口のフチの両側を少し削っています。 120スプールの両端部が通り抜けるようにするためです。 このフチの部分には念のために遮光モルトを貼る予定です。
  • 裏ブタ部分も、120スプールの両端が当たる部分を削って空間を作っています。
  • 巻き上げ側は620スプールを使うため、手を入れていません。

何本かダミーフィルムを入れて、最後まで巻き上がることは確認できました。
もしもこの改造をお考えであれば、あくまでもご参考までで、実施については自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください